[ゲーム(えろげ含)]

THE iDOL M@STERのススメ。 / 2005-09-10 (土)

 選挙の前日になって今更ですが、ずっとやっているTHE iDOL M@STER(iM@S)ですが、ちょっと書くかと(汗)。

 7月下旬からゲーセンで稼動を始めたNAMCOのアイドル育成ゲームなわけですが、一部で盛り上がっておりますな(笑)。 非常に金のかかるゲームなんで、万人にオススメするのは難しいですが、一応オススメしますということで(笑)。

 このゲーム、9人(一応10人か)のアイドル候補生から、最大トリオ(最初はソロしか選べませんが)までのユニットを結成し、アイドルの頂点を目指すというもの。

 ミニゲーム風のレッスンで能力値を鍛え、全国対戦になっているオーディションで勝利すればファンを獲得、一定ファン数獲得でランクアップし活動期限も延長…という具合です。 この活動期限(ゲーム中ではランクアップリミットと呼ばれる)が効いてまして、慣れない人間がぬぼーっとプレイすると、あっと言う間に活動終了に追い込まれます(汗)。

 まぁ、こういうリミットがるおかげで、一定金額で一応ケリがつきますし、どんどん新しいキャラをプロデュースしてくれってことなんでしょう。

 そして、iM@Sの最終兵器ともいえるのが、オフィシャルの携帯サイト。

 ここには着メロダウンロードや、自ユニットのデータが参照できたり、ランキングが見れたりと、普通の機能もあるんですが、 「メール☆プリーズ」というとんでもない機能があります。

 これはカード情報とメールアドレスを登録しておくと、適宜プロデュース中のアイドルから(時にはプロデュースしていないアイドルから)メールがくるというもの。 このメール、はっきりいってヤヴァイです(笑)。

 どうヤヴァイかというと、リアリティを出すためでしょうが、メールのどこにも「NAMCO」とも「iDOL M@STER」とも記載がありません。 つまり、知らない人が見れば、普通に女の子から来たメールに見える。実際、これが元で修羅場に突入したカップルもいるそうで(汗)。

 内容自体は日常生活に関するものが来たり、ゲーム内のイベントに連動したメールが来たり…。 ときには呼び出しメールも来ますしね(その時間に行くと、テンションが最高の状態で始まる)。 iM@Sプレイヤーは、朝のメールが来る時間にメールを待っているという状況があちこちで散見されています…。

 また、前述の通り、えらく金がかかりますが、それが緊張感を生んで、なかなかいい状況ではあるんですけどね。 これが家庭用であれば、金がかからずすぐにやり直しができるので、無茶やる奴もいっぱい出るでしょうけど、みんな現金突っ込んでプレイしてるので、その緊張感たるや(苦笑)。 このゲームの中心のオーディションが全国対戦になっていて、人間が多いと本当に緊張します。ま、その状態で読みきって、格上の人を倒したりすると爽快なんですが(笑)。

 一応、わたしのプレイ状況はというと、のんびりやってるので、まだ2ユニットが終わったところです。

 1stユニットの春香ソロ(画像右)がランクC引退、2ndキャラの伊織・やよいデュオ(同左)がA引退で初めてのエンディングが見れました。

 しかし、このiM@Sのせいで、10年振りのゲーセン通いですよ。ついでに、Quiz Magic Academy II(QMA2)も始めたりして…(笑)。 おかげで、パチ屋に行く時間が大幅に減りましたよ…。ゲーセンは時間単位で減る金は、パチに比べてすごく緩やかですけど、絶対増えることはないですからねぇ(苦笑)。 まぁ、その辺が微妙に悩ましいところでありまして。

 そんなわけで、特にアイドル世代の方々、アイドル育ててみませんか?(笑)